ウーマン

24時間使用できるのが魅力|ゴルフ練習場で汗を流そう

祝賀会などを開催します

スポーツ用品

キャディの証明が必要です

ホールインワン保険は、原則としてアマチュアゴルファーが国内のゴルフ場において、パー35以上の9ホールを1名以上の同伴者と共にラウンドして、ホールインワン又はアルバトロスを達成した際に支払われる保険です。ホールインワンやアルバトロスが発生する確率は非常に低く、確率は10000分の1ともいわれています。ホールインワンやアルバトロスが達成した場合には、厄払いやお祝いの意味から、達成者が祝賀会を開催したり、記念品を配付したり、同伴キャディへチップを渡すなどの慣習があります。祝賀会の開催や記念品の配付については、多額の費用が発生します。ホールインワン保険は、これらの負担を賄うものです。ホールインワン保険が支払われる条件には、同伴したキャディの証明が必要です。しかしながら、現在、ゴルフ場でプレーする多くのゴルファーは乗用カートに乗ってコースを回るセルフ方式でプレーしています。セルフプレーでは同伴キャディの証明書がないため、ホールインワンが達成されても保険金の支払いが受けられないことになります。近年、セルフプレーでもホールインワンが条件付きで認められる保険ができています。ゴルフ場の従業員がも目撃した場合、ビデオカメラ等の映像により照明ができた場合やゴルフ場の公式競技においてマーカーや競技委員が目撃した場合には、保険金が支払われることになります。しかしながら、ゴルフ場の従業員が目撃するケースは少なく、ビデオ等の映像が常にあるわけではありませんので、ホールインワン保険の適用を受ける件数はごくわずかです。